青い空が好き

アクセスカウンタ

zoom RSS 内田樹さん

<<   作成日時 : 2012/09/10 17:05   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

私の好きな知識人の1人、内田樹(うちだ・たつる)さん。
神戸女学院大学の教授でいらした方です。
『日本辺境論』という新書が、結構話題になったと思います。
それ以外にも『街場の○○論』というシリーズで、アメリカ論やら教育論やら文体論やらを出されています。

内田さんのブログが好きで、よく覗いているんですが、こないだの記事は傑作でした。
コピーOKだということなので、転載しました。


嗜好品について

嗜好品についてのエッセイを頼まれたと思っていたら、「口にする嗜好品」のことだった。
これは使えませんということで没になった原稿。
「読みたい」という方がツイッター上に二人いらしたので、公開します。
ぜひお読みいただきたい、というようなクオリティのものじゃないんですけど・・・


嗜好品というものがない。
だから、よく男性誌で特集している「男なら、この一品」というようなカタログを眺めても、そのようなものに「こだわる」人の気持ちがよくわからない。
自分の持ち物については、洋服も、靴も、時計も、ペンも、バイクも、自動車も、家も、別に「これでなければならない」というようなこだわりがない。
必要になったら、ふらふらと街に出て、ウインドーショッピングをしているうちに「目が合う」ものがあれば、それを買う。それだけである。迷うということも、目移りするということも、ない。目が合ったら、「あ、これください」だけである。
だから、買い物にはぜんぜん時間がかからない。
今乗っている自動車は銀のBMWである(型番とかあるのだろうが、よく知らない)。
原チャリで国道を走っているときに、ディーラーの前を通過した。何気なく横目でウィンドーを見たら突然BMWが欲しくなった。そのままバイクを停めて、店に入って、展示モデルを見渡したが、どうも違う。
営業マンに「カタログ見せて」と頼んで、ぱらぱらめくったら「目が合った」。
「これください」と言ったら、営業マンの若者がしばらくぼんやりした顔をして私をみつめていた。
「ほんとうにお買いになるんですか?」と訊かれた。
原チャリで乗り付けた防寒用のダウンジャケットに汚いジーンズの男にパンを買うような口調で「これください」と言われたのに、ちょっと傷ついたようだった。
それから細かい仕様について相談した。カーナビはどうするとか、フォグランプはつけるかとか、そういうことである。
適当に決めて、立ち去った後、家に電話がかかってきた。
なんだか困った声で「ほんとうに買ってくれますよね?店長がどうしても信じてくれないんです」と言われた。




「必要になったら、ふらふらと街に出て、ウインドーショッピングをしているうちに「目が合う」ものがあれば、それを買う。それだけである。」って、かっこいい〜(^^)

っていうか、ふらっとBMWに入って「これください」って言えるのがまたかっこいい(笑)
オチもまたいいw


私の周りには、こんなふうに言い切れる人いないような気がする。
大なり小なり、こだわりを持って生きているよね。
いや、色んなものにこだわって自分を飾り立てている(外見も、内面も)人も多いな〜。
「口にする嗜好品」に限っていえば、私もこだわりを持ってるものもある。コーヒーとかねw
他のものは、あんまりこだわりはないかな…。いわゆる「ブランド品」にも疎いし。っていうか、興味ない。
私にあるのは、自分が身に付けて(持っていて)、ゴキゲンな気分になれるものがいいってくらいの「こだわり」かな。


内田さんのブログは、色んな話題について取り上げられるので読んでいて楽しいです。
言葉が難しいときもあるけど、そんなときはYahoo!辞書で検索(笑)
ぜひご一読を。

  内田樹の研究室→http://blog.tatsuru.com/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
内田樹さん 青い空が好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる