青い空が好き

アクセスカウンタ

zoom RSS 大おばあさん時代到来!?

<<   作成日時 : 2012/02/12 15:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

最近読破したのはこちら。

おばあさんの魂
幻冬舎
酒井 順子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by おばあさんの魂 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


著者は『負け犬の遠吠え』で話題となった酒井順子さん。
目次の最初の「大おばあさん時代を迎えて」というのに惹かれました(笑)
そうよね、高齢社会でお年寄りが増える(若者は増えない)→男性より女性が長生き→大おばあさん時代到来!!ですよね。

この本では、おばあちゃん子だった著者の3人の祖母の話から始まり、瀬戸内寂聴さん、佐賀のがばいばあちゃん、辰巳芳子さん、いじわるばあさん、森光子さん、白州正子さん、田辺聖子さん、市川房枝さん、オノ・ヨーコさんなどなど、洋の東西・有名無名・実在架空を問わず、いろいろなおばあさんが登場します。

おばあさんといえば、「おばあちゃんの味」「おばあちゃんの知恵」がまず頭に浮かびますが、それだけでないことがこの本の章立てでわかります。

「がばいばあちゃん」「料理系おばあさん」「三婆」「捨てられるおばあさん」(←姥捨て伝説)「いじわるばあさん」「やめないおばあさん」「美人だったおばあさん」「庭系おばあさん」「書くおばあさん」「かしずかれるおばあさん」「生活系おばあさん」「旅をするおばあさん」「たたかうおばあさん」「アートのおばあさん」…。

面白いグルーピング。

「やめないおばあさん」では森光子さんが登場。最近どうしていらっしゃるんだろうね。

「美人だったおばあさん」。そうか、「美人」っていうのは若い人向けの褒め言葉なのか…。
美人ではない私には「美人」って言われる人が羨ましいんだけれど、美人さんが年を取ったら私にはわからない悲哀があるのかもしれないなって思ったりした。


年を取ることに対して恐怖すら覚えているようにも思える現代人に、「年を取るってそんなに恐い(悪い)ことなの?」って言ってるような感じがしたな。

「旅をするおばあさん」には、兼高かおるさんやらおばあちゃんの湯治場での様子とかが出てきます。おばあさんたち楽しそう。

「アートのおばあさん」には、小倉遊亀さんや片岡球子さんが紹介されていますが、仕事をする上での気構えを教えられたような気がしました。
ちなみに、この本の表紙は小倉遊亀さんの「画人像」ですって。


先日ブログにあげた「ひらめきは、練習量の上澄み」という辰巳芳子さんのことばも、この本の中で紹介されていて、すごく心に響いたので書き留めたんですよね。


著者のおばあさんの「綾子さん」もとっても魅力的な人だったようで、綾子さんの最期について書かれた章は思わず涙してしまいました。

そして、亡くなった祖母たちや「ばあちゃん」と呼ばれるようになった私の母の人生を思ったりしました。




すらすら読めて、クスッと笑ったり、なるほどと感心したり、そんな見方もあるんだと気づかされたり、面白い1冊でした(^-^)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大おばあさん時代到来!? 青い空が好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる