青い空が好き

アクセスカウンタ

zoom RSS 糸井重里さんの言葉

<<   作成日時 : 2011/08/26 23:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

私の好きなサイトの1つに、「ほぼ日刊イトイ新聞」というものがあります。

コピーライターの糸井重里さんのHPです。

まじめな話も、思わず吹き出しちゃうようなコーナーもあって、毎日楽しんでいます。

その「ほぼ日」の目次には、「今日のダーリン」という糸井さんが書かれる「エッセイのようなもの」が最初に載っています。

今日読んだ文章が、ちょっといいなぁと思ったので引用させていただきます。


・釣りをはじめて間もないころ、知識も技術もないままに、
 琵琶湖に行くことになりました。
 地元で働いている釣りのじょうずな人が、
 コーチ役でついてくれて、こんなふうにやろうとか、
 こうしたらいいとか、親切に教えてくれました。
 
 「水のなかで、ルアーが動いているのが見えますか?」
 ラインの先に付けてあるルアー(擬似餌)が、
 水中のどういう場所で、どう動いているかを、
 想像しなさいというわけです。
 ぼくはシロウトの見栄で、想像できてないのに、
 「ええ、見えます(キリッ)!」なんて言っちゃってね。
 そしたら、コーチ、すかさず言いました。
 
 「ちゃんと、カラーで見えますか?」
 これが、経験というものであり、具体性というものです。
 商品の開発でも、好きな人とのデートでも、
 いくらでも妄想をはたらかせることはできます。
 ああしてこうしてこうなって‥‥でもね、です。
 「ちゃんと、カラーで見えますか?」なんですよ。
・よそ(日経BPオンライン)の連載でしたが、
 ぼくらがブータンに行くきっかけになった、
 「ブータン公務員」の御手洗瑞子さんの連載が、
 いよいよ最終回になりました。
 うちの連載ですが、『福島の特別な夏。』も、
 今日の掲載があって、次回が最終回です。
 どちらも、すっとは行けない場所のことが書いてある。
 近くて遠い水中のようなもので、見えた気になって、
 知ったふうなことを言うことはできるのですが、
 「ちゃんと、カラーで見えてますか?」に対して、
 「はい」と答えられていると思います。
 そりゃそうだ、「そこにいた」んですものね。
 決まり切った考えや、お下がりの美意識で、
 ものごとをまとめると、色が死んでしまいます。
 借り物でないじぶんの目と、足と、じぶんの心で、
 なにかを描こうとしたら、たぶん、色がつきます。
 ぼくも、「ちゃんと、カラーで見えますか?」です。
今日も「ほぼ日」に来てくれて、ありがとうございます。
よかったら、おともだちにも「ほぼ日」を伝えてください。



この「今日のダーリン」は毎日更新されます。だけど、バックナンバーは読めないんです。

「今日のダーリン」は、基本的には、「毎日、更新されて、毎日、消えていくコンテンツ」というふうにとらえていただければ、と思います。
「いつか無くなるものを求めちゃいかんのだよ。無くなるものは、求めるためではなく、そいつで遊ぶために、この世にあるんだからな」(『セフティ・マッチの金の言葉』より)


という説明がありました。なるほど。

でも、今日読んだのはそうだなぁといたく感じ入ってしまったので、残しておきたくなったのです。

  決まり切った考えや、お下がりの美意識で、
 ものごとをまとめると、色が死んでしまいます。
 借り物でないじぶんの目と、足と、じぶんの心で、
 なにかを描こうとしたら、たぶん、色がつきます。


わかったつもり、知ってるつもりになっていることって多いんだろうな、って思いました。

(※今HPを確認したら、私が引用した文章とは別物でした!見たのが午前中だったから、きっと更新前のものだったんでしょうね)


もうひとつ、今日読み込んでしまった連載があります。

「クロネコヤマトのDNA」という連載。

東日本大震災に際して、クロネコヤマトがどう動いていたのかなんて知りませんでした。でも、読んでみたら途轍もないことをやっていらしたんですよ。

びっくりしました。そして素敵だなって思いました。社長も、社員さんたちも。

今日たまたまクロネコヤマトのお兄さんが荷物を届けてくれたけど、これも10円寄付に繋がっているんだなと思って、心からありがとうを言いました。


好きだなぁ、「ほぼ日」。

一番好きなのは「言いまつがい」なんだけど(笑)

「言いまつがい」に4回投稿したけど、すべてボツ。レベル高いわf(^ー^;


「ほぼ日刊イトイ新聞」HP→http://www.1101.com/home.html


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
これは、般若心経の一説を例えにしたみたいなお話ですね。(心ここにあらざれば見れども見えず)五感を使うだけでなく六感の域にまで心を働かせてあげないと見えるものも見えてこないし、物事を洞察することもできないしですね。 
 人から得た知識や書物から得た物を吹聴する人もいるけど、実際に自分の心を使って確かめた真実といううものは、必ず人を納得させる力があると思います。
私は文章は苦手なので、思ったことを上手に綴るなどというう芸当は出来ませんが、ルアーやフライの泳ぎをカラーでちゃんと観ることはお手の物です。笑   女性に関してはまったく・・みたい!
カーニー
2011/08/28 22:27
カーニーさんこんばんは。
般若心経ですか。糸井さんはそうしたこともふまえて書かれているのかもしれませんよね。コーチもすごいなぁ。「ちゃんとカラーで見えますか?」って。福島に行ったことで、私も東日本大震災をほんの少しだけカラーで見ることができたような気がしています。ほんとに、すこーしだけだろうけど。
カーニーさんはフライで海釣りをなさるんですよね。私も釣りが好きですけど、フライは渓流のみだと思っていました。女性に関しては…ですか(^_^; ドンマイです!(笑)
sun
2011/08/29 21:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
糸井重里さんの言葉 青い空が好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる