青い空が好き

アクセスカウンタ

zoom RSS ドラマ雑感

<<   作成日時 : 2010/05/20 00:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

4月から新ドラマが始まっていますが、年度初めのバタバタで見逃してしまったドラマも多々あります

松雪さんの「マザー」、面白いらしいですね…。水曜日は「うっかりぽっかりデー」なので、2回見逃した時点でDVDになるまで我慢することにしました(__;)


現在続けて観ているのは「龍馬伝」「パンドラU飢餓列島」「素直になれなくて」と最近始まった「月の恋人」ぐらい。
仕事で精神的にグッタリな日々を過ごしているので、なかなかリアルタイムで観ることはかなわないのですが、これらはしっかり録画してチェックしています。


いきなり脱線ですが、ドラマの感想においてはぷなしめじさんのブログがNo.1!大好きです。とりわけ、上野樹里出演ドラマについて書かせたら右に出る者はいないと思われるぷなしめじさん。現在も「素直になれなくて」の感想で、多くの閲覧者を楽しませていらっしゃいます♪ぷなさん、サイコーです!



さてさて、私の感想(?)なのですが、ダントツ1位はやはり「龍馬伝」ですね。さすが大河ドラマ!役者陣も豪華だし、何がイイってやっぱりCMがないところ!(そこかよ!!)
それももちろん話に集中できていいんだけど(笑)、史実を基にしているのでストーリーがしっかりしているし、それぞれの役者さんの確かな演技力がこのドラマを支えてますよね。下手っぴな人、見当たりませんもん。主役の3人(福山雅治・香川照之・大森南朋)はまっことよか役者ぜよ!って感じです。

最初はね、坂本龍馬のイメージと、よか男福山雅治とのギャップがあって、どうなるんだろうって思ってましたよ。でも、どんどん見慣れていったというか、福山「龍馬」が出来上がってきたというか、もう今はしっかり「龍馬=福山雅治」という図式ができあがっています。

それにしても、あの福山が、よか男の福山雅治が、鼻水垂らして泣いている。あれは衝撃的でした。スーパードライやレグザのCMとのギャップもまた素敵!
役者が本業ではないけれど、「表現者」である彼の本気を見た気がするシーンの1つでした。

そうそう、意外といいなと思ったのが佐藤健の「人斬り以蔵」。ミクシィでもニュースになってたけど、初めはミスキャストと思われていた以蔵役、だんだん評価が高まってきているそうです。私は他の人が演じた以蔵を知らないので比較のしようもないのですが、イケメン君が他の役者さんに負けるんじゃないか?と思っていたので、いい意味で裏切られた感じがしています。



WOWOWのドラマ「パンドラU飢餓列島」は、これまたCMが入らないので話に集中できます(笑)
以前放映された「パンドラ」は三上博史が主演で、すごく面白かった!
今回も脚本が井上由美子さんなので期待通りの面白さです。

食糧危機が迫る日本で、人々を救うために1人の研究者が奇跡の穀物「ゴットコーン」を開発するのですが、彼自身が巨大な陰謀や欲望の渦に巻き込まれていってしまうというサスペンスドラマです。
食糧自給率40%と言われる日本。政治問題や地球温暖化の影響など、これから先日本にも飢餓問題が起こってくるかもしれない。そんなことを思いながら観ているとちょっと怖くなりますね…。

主演は佐藤浩市。好きです(^_^) 温水洋一さんが悪役で出ているところもなかなか新鮮(笑)
「パンドラ」とBGMやテーマ曲が同じだったりするところもいい。「龍馬伝」の音楽を担当している人と同じって、すごい偶然!
そして、エンディングに流れるあの曲、好きだな〜。


思い出しついでに、三上博史といえば「同窓会」に出ていますね。私は月9で彼や浅野温子や陣内孝則が出てるドラマをさんざん観てきた世代なので、何だか懐かしい気持ちになりました(#^_^#) でも「同窓会」は2回観ただけ…(苦笑)



月9といえば…キムタクの「月の恋人」。観るつもりはなかったのに、つい観てしまった第1話(笑)主題歌が久保田利伸なんて、「ロンバケ」思い出すじゃないですか!そしてその「ロンバケ」、1996年放送だって!(驚)
「ロンバケ」って思ったら、あのスーパーボールのシーンが思い浮かんできた(笑)

キムタクのドラマって、ホントに「キムタク!!」って思ってしまいますね。何というか、どんな役でも「木村拓哉だ」と思ってしまうというか…。同じSMAPの草gくんとは違うタイプですよね。それがキムタクがスターたるゆえんなのかなと思ったりします。演技がどうとかいう問題じゃなく、何だろ、木村拓哉の存在感がドラマを成り立たせてるというか。稀有な人ですね、やっぱり。スターなんだな、きっと。
松田翔太も篠原涼子も好きだけど、リン・チーリンがいいなと思って観てました。

ストーリーは「素直になれなくて」とは対照的で、夢物語チック。自分の身に絶対起こりそうにないストーリーだけど、リアリティなんぞ求める必要はない、「キムタクワールドへようこそ!」的楽しみ方ができるドラマのなのではと思ったりしてます。
現実生活に疲れて、「夢物語なんぞくそ食らえ!」って気持ちにならなければ続けて観るかも…f(^ー^;



最後に「素直になれなくて」。上野樹里&瑛太という鉄板コンビ(!)が主演の青春ドラマ。脚本が北川悦吏子さんなんだけど、振り返ると、随分北川さんの作品で楽しませてもらってきたな〜と思いましたよ(笑)ウィキで見てみたら、あれもこれもって感じでした。

このドラマ、初回を観るのがかなり遅くなって、北川さんのツイッター炎上事件やらいろーんな情報が飛び交ってるのを小耳に挟んでしまっていたので、最初の3回ぐらいはセリフや設定などの小さなところにいちいち突っ込みたくなりました(苦笑)ハルのあの口癖とか、イヤミな女の先生とか…

それでも、上野樹里&瑛太のゴールデンコンビだから、見所もあるはず!樹里ちゃんに引き込まれるはず!ってそれだけを頼りに観ていました。
未だに突っ込みたくなるところもあるけれど、だいぶ面白くなってきましたね。5話、ドクターかっこよすぎでしょ!この年にして「んもう、ドクターよか男たいね!」って思ってしまう私って一体…σ(^◇^;)
今後の展開に期待したいところです。

ただ1つ、以前から気になってることが。「スナナレ会」は言いづらいでしょ。北川さんご自身が使われていたけど(後でそれがセリフになって出てきた)、何でも略せばいいってもんじゃないと思うな〜。ドラマのタイトルを略すのは今では普通になってきたけれど、なーんか作品に対する「愛」が感じられないと思うのは私だけでしょうか?「略称=愛称」と言われればそれまでだけど。

何はともあれ、樹里ちゃんの入魂の演技に期待してます!



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
sunさんが更新だ♪と思ってフンフン♪と読み進めていたら自分の名前が出てきてこれでもかという程しこたまびっくりしたぷなしめじですvもう、冗談は顔だけにしてください(≧▽≦)←お前だろ
 褒めてくださってありがとうございますv褒められると否定せずに舞い上がってしまうアホなので、謙遜しながら首を横に振りながら、ありがたくこの栄誉、頂戴つかまつりまする☆(日本語合ってるかな…)
 人斬り以蔵は私もまったく同じ感想です。最初はええ…と思っていたのですが、大森半平太熱演の影響でしょうか、周りの収二郎や広末、そして東洋も本当にいい演技をしてくれましたね☆
 私も1番は龍馬伝かなv2番目はかなりの僅差でバチスタです☆これは1stシーズンからお勧めですv将来的に時間があればいつかDVDでぜひv
ドンギャーぷなしめじ
2010/05/21 00:02
ぷなさんこんばんは☆ ぷなさんのドラマ感想は、閲覧者に「評論」と言わしめるほどの深め方でただただ感心しております!龍馬は武田鉄矢のイメージが強い世代ですが(笑)、これまでは「jin」の内野聖陽さんの龍馬が一番好きでした。でも今では福山龍馬もいいです。(そういや「篤姫」では玉木宏だったかな?)武田鉄矢の勝海舟、どうしても金八に見えてしまう怪(笑)
バチスタの1stは観てました!今回は上記のとおり、余裕もなくて観ていません…。再放送でチェックしたいものです。
「素直になれなくて」第6話は、樹里ちゃんがよかったみたいですね。明日にでも観たいと思います。
sun
2010/05/22 00:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
ドラマ雑感 青い空が好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる