青い空が好き

アクセスカウンタ

zoom RSS NHK・BS時代劇「テンペスト」第3回感想

<<   作成日時 : 2011/08/01 17:14   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

ドラマオリジナルの設定がなかなかいい感じですo(^-^)o


第3回、「神の追放」。

前回の最後、寧温(仲間由紀恵)が海に身を投げてしまいましたが、浅倉雅博(谷原章介)に助けられます。

しかも!!海辺に引き上げて水を吐かせようとした雅博は、寧温の胸に手を当てたとき、「あること」に気づいてしまったじゃありませんか!!

孫寧温は「女」である、ということ。

そして思い出します、昔、ここで孟子を読んでいたあの利発な少女・真鶴を。


雅博の言葉に動揺する寧温。しかし雅博は絶対に他言しない、あなたの力になると言ってくれたのです。

雅博の口ずさむ琉歌を続ける寧温。

これって、初めて会った日に雅博が詠んだ歌?

それを寧温が覚えているってことは…

この2人、相思相愛ってことなんじゃない!?

雅博さん、よく言ってくれた!ありがとう!

傍にいて、寧温を守ってあげてって、強く思った。


寧温が女であることを知っているのは兄の嗣勇(金子昇)と聞得大君(高岡早紀)だけで、しかも聞得大君にはその弱みにつけ込まれて、こうして悪事に加担させられてるわけよね。

寧温に親切にしてくれるオバア(平良とみ)だって、寧温が女であることは知らない。

誰にも本当の気持ちを見せられない寧温は、ずっと孤独な戦いを強いられるんですよ。原作ではそれが切なくて…(‥、)

雅博が本当の寧温を理解してくれて、傍にいてくれるなら安心だなって思った。

(余談:原作では雅博の人工呼吸で寧温は息を吹き返すんだけど、雅博は寧温が女であることを知らないままで終わるんですよね。)



雅博に助けられた寧温は、聞得大君に対する反撃に出ます。

雅博にベッテルハイム、王妃(若村麻由美)と女官大勢頭部(かたせ梨乃)、拷問を受けたジュリ、そして聞得大君に仕えていた大あむしられたちまでも味方につけ、聞得大君にキリシタンという濡れ衣を着せ、首里から追放することに成功しました。

このシーンの寧温、生き生きとしていましたね。

いやぁ、実に痛快だった。

それと、聞得大君のリアクションが良かった!

「はぁあ?」の言い方がね、「何寝ぼけたことを言うておるのじゃ!」みたいな、「妾は神じゃ!」モード全開ですっとぼけーな反応してる聞得大君がツボでした。

高岡早紀さんサイコーです(^_^)

よーく考えてみれば、王のオナリ神だからキリシタンになるはずはないって思えるんだけど、周りの者を納得させるだけの根回しをしっかりやってたんでしょうね。


真牛(もうし)という童名に戻り、平民に地位を落とされて首里から追放されることになった聞得大君、最後に一矢報いようと叫びました。

「そこにいるのは真鶴じゃ!女じゃ!」

一瞬の静寂。

誰もが予想外の言葉に沈黙したのですが、沈黙を破ったのは雅博の高笑いw

「バカなことを言うでない。薩摩に笑われるではないか」と窘められ、外へと連れ出されていく真牛。

いやいや、ここに雅博がいてよかったよ(〃´o`)=3 フゥ


そんなこんなで一件落着したわけですが、寧温の次なる相手は徐丁垓(GACKT)です。

朝薫(塚本高史)とともに初顔合わせをしましたが、徐丁垓は何やら既に感づいている様子。

どうなる?寧温!



それにしても、GACKTがね、カッコイイ!

前にも書いたけど、あんな髪型であんなに妖しいのに、カッコイイんだな〜。

別にGACKTファンじゃないし、ミッチー(←結婚おめでとう)と同じく普通の人とは違う世界の人だって感じを持ってたんだけど、やっぱり持ってる雰囲気(オーラ)が違うな。

徐太監の妖しさ100%出せてるもん。

今回のドラマでどこまで徐太監との絡みが出てくるのか、楽しみです。


ああ、それと高岡早紀さん、これで終わりっていうのはもったいないからまた出てきてくれると嬉しいなw


ドラマの感想はこちらです♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
デッキの都合で最初の4話を消してしまったのですが、
拝見してそういえばそんな話でしたよね・・・懐かしいです、すでに

出会いのシーンとこのシーン(ベッテルハイム問題)と最後のシーンが
雅博殿と絡むシーンで個人的にベストスリーを
あげたいものなので、ああ、画としていいなぁと
素朴に思いました。

それにしても、雅博殿と原作ではかなり寧温は下の名前で
早いうちから気さくに呼びかけていましたよね。
ドラマでは浅倉殿となっていて。
この変化がこれまた個人的にはおもしろかったです。
最初の出会いが違うので一緒にはできませんが、
それにしても、寧温・・・いや、真鶴も早々に
気を許していたんじゃないの〜?なんて。
沖縄では初対面の挨拶だけは割と堅苦しいですが、
2度3度と会うと下の名前になることが多いですからね。
そういう習慣からかなとも勝手に想像しました。
タッチー
2012/06/21 18:07
タッチーさん、こんにちは。
そうでしたね、ドラマでは「雅博殿」ではなく「浅倉殿」でしたね!忘れてましたf(^-^;呼び方で印象が変わりますね。
原作は、沖縄の習慣を踏まえて書いてあるのかな。
終わってしまったので何だか寂しいですね。
sun
2012/06/23 12:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
NHK・BS時代劇「テンペスト」第3回感想 青い空が好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる