青い空が好き

アクセスカウンタ

zoom RSS 大河ドラマ「江〜姫たちの戦国」第15話感想

<<   作成日時 : 2011/04/25 22:17   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

第15話、「猿の正体」。


先週の14話で樹里さんの演技に引き込まれ、そのおかげで期待して観た第15話。

結論から言えば、ウーン…って感じ。

なぜか。

私は秀吉が嫌いなんです。

岸谷五朗は嫌いじゃないけど、岸谷さん演じる秀吉は嫌いなんです。

だから、終盤の感動的(?)なシーンはちっとも気持ちが入らなかった。

  秀吉が江にこがんこと言うわけなかろうが! とか

  いつまで江に信長重ねて見とんねん!  とか(←関西弁あってますかね)
                       
  江ちゃん、なんで号泣しとるん?  とか

岸谷さんの演技も、もちろん樹里さんの演技も圧巻だったんだけど、いかんせん、気持ちが入らなかった。

たぶん、秀吉や江の気持ちをわかりたくないって拒否反応があったんだろうな、私の中に。

でもそう感じてしまったのは本当だからどうしようもないし。(脚本のせい?)

熱演のお二人には申し訳ないです…。



なんか、引っかかる点が多かった。今回。

秀次(北村有起哉)を独り立ちさせるために江がアドバイスしたような流れ。

江がいろんな人から情報を収集するところ。


そして何と言っても!!

佐治一成(平岳大)が、江と本当の夫婦にならなかった理由を言っちゃうところ!



もう、一成のセリフなんてほんっっっっっっっっっっっとに余計!!

要らんわい!!聞きたくなかったわい!!



きっと、佐治一成にクラッと来てた視聴者にとっては、大ブーイングのシーンだったと思う。




話の流れには今一つ感動もなかったんだけど(苦笑)、いくつかいいなあって思ったところはあります。

おね役の大竹しのぶさん。

大竹さんが出てくると、シーンがグッと重厚になるというか、引き込まれます。

風格あるなぁ、大竹さん。

江ちゃんに秀吉のいいところを述べるおねさん、とっても良かったな。

辛いことをどうして楽しげに話すのか、引っ込み思案なお方ではないと江に言われたおねが「それは夫のおかげ。秀吉が格別なるおなごと思うてくれるからだ」と言ったところはなるほどなって思いました。

ほら、既婚男性に素敵な人が多いのって、奥さんがそういう男性にしているんだって言ったりしません?

ホントに素敵な男性って、もれなく奥さんのことを愛してるんですよね。(そう見える)

そんな人が浮気なんぞするわけがない。(たぶん)

友達とそんな話をしたことを思い出しました。


…待てよ、ってことは、おねを魅力的にしている秀吉も素敵なヤツだってことになるのか。

むむむ。



あとはやっぱり乳母のヨシ(宮地雅子)!!

今回も来ました!

何と今回はヨシのマル秘メモ!(笑)

あれにはなんか手相みたいな絵もありましたよね?江ちゃんのためにそんなことまで調べてたのか!

いいねえ〜。姫のためならえんやこら、頑張っちゃうんだよね。

そんなヨシさんが大好きです(^_^)

あと、「生娘」発言やらなんやらで、またしても初(水川あさみ)のアホっぷりに笑っちゃうし。

ストーリーに関係ないところで楽しんだ回でした。



それとやっぱり、上野樹里さんの演技は素晴らしいと思う。

今回みたいな軽いところは時代劇ってことを忘れてしまいそうになるんだけど、シリアスなシーンは天下一品です。


特に、喜怒哀楽の「怒」と「哀」の表現力は、他の追随を許さないと思えるほど素晴らしい。


ぐっと引き込まれてしまう。

時代に翻弄される江だから、今後も樹里さんの演技がますます冴え渡るんじゃないかと期待してしまいます。





もう感想は書けなくなりそうって思ったけど、書き始めたらなんだかんだ書いちゃった(笑)

樹里さんの熱演とヨシさんに支えられて、今後も書いていけそうな気がしてきたf(^ー^;



こんなふうに感じたまま書いている大河ドラマの感想はこちらです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
面白い
ガッツ(がんばれ!)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
今まで、これでもかというほど秀吉を悪く描いていただけに、猿の長所ばかりあげつらう今回のストーリーは、これまた極端な印象を受けました。
二人が抱き合って泣くシーン。江には秀吉の本当の思いが伝わり、秀吉もまた江を苦しめたことを思い知らされ、お互いの思いを理解し合ったってことだったのでしょうか。でも江は猿のことはやっぱり「許すことはできない!」(当たり前だ〜)という複雑な胸中の場面。「ここまでする?」って違和感はありましたね。ほんとに、このドラマは、秀吉に関しては、ひどく極端な描き方をしていることに驚きます。sunさんが秀吉が嫌いなのよくわかります〜。きっと、すっごい評判悪いと思う。大河ドラマがここまでやる?っていう感じ。型に、はまらない大河ドラマを作ろうって意気込みみたいなものを感じます。・・・やっぱり私は「あり得ないでしょーっ!」って思う部分も含めて楽しんで観ています ヨシのマル秘メモは良かったですね!!できる乳母!
あっきー
2011/04/27 16:53
あっきーさん、お返事が遅くなってしまってごめんなさい!
『・・・やっぱり私は「あり得ないでしょーっ!」って思う部分も含めて楽しんで観ています』、そうですね、私も基本的にはそう思いながら楽しんで観ているんですが、どうも秀吉が絡むとスーッと冷めちゃうみたいなんですよね。たぶんに私の性格のせいだと思いますσ(^◇^;)口ばかりのお調子者が嫌いという(笑)でも、天下を取った人物だから、他の人とは違うものを持っていたんだろうなとは思います。そこはちゃんと認識しつつ…やっぱり嫌い、という(笑)
たまたま「江」のダイジェスト番組が録れていたので見たんですけど、そのときに秀吉も孤独なのかということを思ったりしたんですよね。以前、宗易さんが信長の孤独について語ったことがありましたけど、秀吉にもそれが当てはまるんだろうなって。信長と秀吉の人間性がかけ離れているから、同質の孤独として見られなかったのかも、って。だから「何抜かしてんだ!」って思っちゃった。客観的に見れば、「お互いの思いを理解し合った」んだろうなって思えるようなシーンでしたね。それを素直に受け取れなくてごめんなさいって感じです(^_^;
『極端な印象』、そうなんですよね。どうも落ち着いてストーリーを追っていけない感じがあります。振り幅が大きすぎるというか。江に関してもやんちゃすぎて(笑)型にはまらないから面白いんだけど。以前、鈴木保奈美さんが「江ちゃんのロールプレイングゲームのようなドラマだ」とおっしゃってましたが、ホントにRPGみたい。江ちゃんの大冒険物語みたいです(笑)感想は断念してしまうかもしれませんが、視聴は続けたいと思ってます。ヨシが頑張ってくれる限りは(笑)
sun
2011/04/29 16:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
大河ドラマ「江〜姫たちの戦国」第15話感想 青い空が好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる