青い空が好き

アクセスカウンタ

zoom RSS 大河ドラマ「江〜姫たちの戦国」第6話感想

<<   作成日時 : 2011/02/19 17:41   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

忙しさにかまけて視聴を先延ばしにしていたら今日は土曜日。

明日はもう第7話だ(笑)

世間では視聴率が落ちたと騒いでいるとかいないとか。

私の住む北部九州の視聴率ランキングは木曜日に出るのですが、今回は16%台で10位でした。

前回の「本能寺の変」は22%台で1位だったので、それに比べれば確かに(^_^;

私の気持ちも、トヨエツ信長の死によって本能寺のごとく燃え尽きてしまった感が否めなくもない…。

仕事が超多忙だったからっていうのが大きいとは思うけどf(^ー^;

ただ、これほどまでトヨエツ信長に魅せられてしまうとは予想してなかったからな〜。

かっこよかったよ、トヨエツ!!




さて、第6話。「光秀の天下」。

「信長死す」との報せが市(鈴木保奈美)や秀吉(岸谷五朗)などの元へ入り、それぞれの動きが慌ただしくなりました。

上野城から清洲城へと移る準備をする市と茶々(宮沢りえ)、初(水川あさみ)。

妹思いの茶々が江(上野樹里)の荷物を整理している横で、初はお菓子の整理をしてた(爆)

初よ、おぬしはどこまで食い意地が張っとるのじゃ!と突っ込みを入れたかったのは私だけじゃないはず。

でもその後の言葉が意地っ張りな初らしくってよかったな。「あやつの好きなものは、私が嫌いなものだからすぐわかる」ってな感じのセリフ。第6話にして初めて(!)初をカワイイと思った(笑)


家康(北大路欣也)とともに堺から逃れた江は、市たちが去った上野城に向かいました。

着いてみれば伯父の家臣数人が残るのみ、そこに野武士たちが乱入!

信長の姪らしく、堂々と渡り合う江。

これがまた凛々しい!!

家臣が斬られ、「約束が違うではないか!!」と野武士のリーダーに迫るシーンは圧巻でした。

斬られた家臣にハッとした表情から、振り向いたときのあの涙を溜めて相手をなじる表情。

うーん、上手い!うまいよ樹里さん!!とても年端のいかぬ少女には見えない(笑)

最後の手に噛みついたのは子どもゆえの反撃だろうけど、さっきの凛々しい江ちゃんとちょっとギャップが…(^_^;

ちなみに光秀(市村正親)の元に行ったとき、野武士のリーダーの手にはちゃんと包帯らしきものが巻かれてましたね(笑)どんだけ強く噛みついたのさ(笑)



光秀の元に連行された江は、光秀本人に信長を討った理由を尋ねます。

そして、光秀が天下を取ったら、「平和な世の中を作ってほしい」と自分の願いを伝えました。

それが伯父・信長の目指したものだから。

信長自身が自分の亡き後を光秀に託そうと思っていたからこそ。

感じ入る光秀。


いいシーンではありましたが、私はちょっと異議あり、かな。

あれだけ伯父・信長に傾倒していた江が、信長を殺した相手にあんなに冷静に言えるものか、と。

しかも、まだ幼い子どもだし。(←ここ重要)

樹里さんの熱演についつい忘れてしまうんだけど、江はまだ10歳ほどの少女ですからね。

光秀が落ち武者狩りに遭い、その後切腹するシーンで、信長同様最後に江を思い出しますよね。

あれは…いただけなかった。もっと他に思うことがあったはず。

しょうがないか、そういうふうに作られてるから。


「ドラマですからね(苦笑)」(by NHKの総局長)




でも、無事に再会した市と江の会話はジーンとしたなぁ。

どうしても光秀を憎むことができないという江に市は言います。

「憎むべきは人ではない。戦であり、戦をもたらす世のありようじゃ」と。

それに江はこう返します。

「でも、もう私はどなたにも死んでほしくはありません」と。

これまで、父・浅井長政、伯父・信長、森蘭丸・坊丸・力丸兄弟、伯父の重臣だった光秀…と、知っている者が次々と死んでしまった江だから、この気持ちが本当に強いんだろうなって思った。



今回、ちょっぴり見方が変わった人物がいます。

信長亡き後、中心となってくるあの人。羽柴秀吉(岸谷五朗)です。

この人が出てくるとコントっぽくてあんまり好きじゃなかったのですが、シリアス秀吉は良さそうな感じがしました(笑)


でも、秀吉って好きじゃないんだよな〜。

歴史に詳しいわけじゃないので、実際の秀吉がどんな人だったのかわかりませんが、信長・秀吉・家康の3人の中では一番嫌いです。なんでだろ?理由はよくわからないけど。あの肖像画かしら?(笑)

江とはどうやらウマが合わなさそうなので、これからのやりとりが面白そうではありますが。

ああ、ただ、あの初対面で馬乗りになったシーンのようなことはやめてね、NHKさん。



さて、明日は「THE 戦国武将!」こと柴田勝家(大地康雄)がドドーンと登場しますね。

市が勝家に嫁ぐわけですが、その理由は?

楽しみです(^-^)


------------------------------------------------
昨夜、日本アカデミー賞授賞式を観てたんですが、豊川さん、侍役やってましたね。

でも、信長があまりにもかっこよすぎたから、あのちょんまげ頭にとっても違和感がありました(笑)

豊川さん、もう侍役は受けないで…って言ったら怒られるかな(;^_^A

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大河ドラマ「江〜姫たちの戦国」第6話感想 青い空が好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる