青い空が好き

アクセスカウンタ

zoom RSS 大河ドラマ「江〜姫たちの戦国」第1話感想

<<   作成日時 : 2011/01/10 13:39   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

何から書けばいいのかなって感じですが、一言で言えば「よかった」ですね(笑)


先月から断片的に聴いていた「江」のテーマ曲、これがいい!!

1月2日の大河ドラマの特番で聴いていたけれど、そのときはOP映像はなかったんですよね。だから、この曲にどんな映像がはまるのかと期待していましたが、「水」「姫」というキーワードとマッチした素敵なオープニングとなっていました(´ー`)

上野樹里さん、舞ってましたね。舞はともかく、最後の方の遠くを見る表情がよかった。未来を見つめている、希望を胸に抱いているといった表情に見えました。



第1話は、お市の方の婚礼から始まり、織田家と浅井家の戦いによって江の父・浅井長政が自刃するところまででした。この織田家との戦いの最中に江は生まれたんですね。

これだけでもかなり見応えがあったなあ。



浅井長政がすごく魅力的な人物に描かれていましたね。

小谷城に着いたお市の方を琵琶湖を見に連れ出し、「琵琶の海とこの近江の国が私は好きです。この土地と琵琶の海、そしてここで暮らす民たちを、あなたにも愛して欲しいのです」と頼むところなんて、もう!素敵すぎる!

政略結婚であることが十分にわかっていながらも、夫婦となるからにはお市の方を大事にしようという長政の想いがあふれていたシーンでした。

戦の前にお市の方に言う、「いとおしく思う者が望むことは、わしが望むことだ」も印象的なセリフでした。

時任三郎さん、よかったわ〜。1話だけの登場なんてもったいない。



信長が出てくると場面が引き締まりますね、やっぱり。信長のカリスマ性がうまく表れてる気がします。

豊川さん、かっこいい。あの低い声がたまらない。


そして、やっぱりお市の方、鈴木保奈美さん。

長政とのシーンも、信長とのシーンも、安心して観ていられたというか、引き込まれました。

鈴木保奈美ってこんなにいい演技をする人だったっけ?って思った。

トレンディ女優(←もはや死語 笑)だったからね、昔は。

ナレーションも担当されるんですよね。母親目線でのナレーションか。


なんか、ストーリーよりも人物に惹きつけられてしまっている私f(^ー^;

まだ1話目だし、しょうがないか。

それに、シーン的にはちょっとつっこみたいところもあったからな〜(笑)

江が産声を上げたシーンでの、秀吉とか。ここはちょっとやりすぎじゃない?

あと、お市の方が子どもを流そうとするのを茶々が止めるところとか。

幼い茶々が止めるという感動的なシーンだし、こうして江を「守った」茶々が、後々江と対立することになるとか、流れ的には重要なのかもしれないけど、ちょっと入り込めなかった。

子役の芦田愛菜ちゃんは上手いと思ったけどね。泣くシーンとかちゃんと気持ち作って泣いているんだろうな。



ともあれ、次回が楽しみなことは間違いないです(^-^)

江とは別に、戦国武将たちのことについても知りたくなりました。

今年は「江」をきっかけに歴女になるかも(笑)



○1/10 18:20 追記○
今思い出した(笑)
足利義昭役の和泉元彌、上手かった!

昔は「北条時宗」で大河の主役を務めた人ですが、その後は私生活の方でばかり取りざたされて地に堕ちた感があったんですよね。でも、さすがに狂言師。台詞回しが堂に入ってましたね。義昭の存在の軽さもうまく表現されていたのでは。

感想書いてから、もう一回「江」を観たんですが、本当にいい役者さんたちが揃ってますね。
前にも書いた家康役の北大路欣也さん以外にも、おね役の大竹しのぶさんや乳母役の左時枝さん、柴田勝家役の大地康雄さんとか明智光秀役の市村正親さんとか…。挙げたらきりがないか(笑)

次回からはいよいよ7歳の江・上野樹里さん登場ですね。ご本人も「どうやってもそう見えなさそうですが(笑)」(ガイドブックより)と言われてましたが、まあそれはこっちに置いといて、ドラマを楽しみましょう(*^-^)b♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
面白い

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大河ドラマ「江〜姫たちの戦国」第1話感想 青い空が好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる